ジャパンブルースペース

藍の歴史や技術にまつわる多くの情報を次世代に繋ぎたいと、昭和62年(1987)に徳島へ来ました。

 

徳島県は藩政時代から藍の主産地としてその名を知られ、明治になってもさらに生産を拡大しました。江戸末期の作付面積は6000~7000ha前後で、明治20年には12238ha、36年の15099haを最高に、大正3年には輸入品のインド藍、合成藍によって2775haになりました。その後の戦争で合成藍の輸入が途絶えたことで増えることもありましたが、日本でも合成藍の製造が行われ、生活が落着き経済成長が始る昭和40年には4haまで減ることになります。

藍の存続を願う人たちの活動によって、昭和62年には20haに、その後25ha前後まで増加しました。それが近年急速に減少し平成25年には15haほどの栽培になっています。

 

藍は遥か昔、大陸から人々の手で日本に渡ってきて、江戸時代には私が染めているような通年をとおした藍染の技術が完成されました。色の素晴らしさにも魅せられましたが、とても長い時間をかけて日本人の勤勉さと繊細な心が、独自の染色方法を確立して日本の青色を生み出しました。私は技術と思索の積み重ねによって生まれた藍の文化が日本に残っていたことに心がときめき、驚いたことを今でも思い出します。

これまで阿波藍のことを長く調べてきましたが、それは日本の藍の歴史でもあります。もっと多くの人たちとこれからの藍の定義を共有したいと思います。日本列島に存続し続けた藍の物語を掘り起し、集う空間と残すべき情報を考察していきたいと思います。

                                              森くみ子


インフォメーション

NEWS  

2.22 作品支援者の工房訪問があり、そのときの様子    がご自身のHPのコラムに掲載されました

1.14 ブログ開設   阿波藍の周辺 の出来事を綴ります

8.1   HANADA倶楽部に恒例の修学旅行で

        染織iwasaki 一家が訪れました    NEW

7.10 染織iwasaki  x  JAPANBLUE SPACE

        プロジェクト藍生紬着尺 

              染織iwasaki HP 

阿波藍木灰汁醗酵建による藍染

阿波藍・麸・石灰・堅木の灰を使用し藍菌の力で染液をつくります。

 

日本人の勤勉さと繊細な心が、江戸時代には独自の染色方法を確立して、日本の藍色を生み出しました。現在、私の仕事にも恩恵を与えてくれます。

阿波藍の製造工程・藍建て・絞りの紹介

展覧会 1990–2015

展覧会をとおして長い時代愛され続けた藍の可能性を、再び求められるように発信しています。自然に付加をかけない藍の素晴らしさを多くの人に知っていただけるように、未来に纏う布を創作しています。

 

25年間のアーカイブです。


HANADA倶楽部

会員制 目的業務

阿波藍のはなし‥‥藍講座

     (支援者とレクチャー中心の活動)

藍作品の支援者 

藍染料の利用支援者 次世代まで続く作品の開発

 

支援者を募集しています

関心を持たれた方はContactからご連絡ください

 

 

 

阿波藍のはなし

世界各地にさまざまな青色を染める植物があって、遥か遠い昔から人類に利用されてきました。地球上のそれぞれの地域で、青の歴史は創られてきました。

ヨーロッパにおける藍をめぐる各国の係争を知ったとき、日本ではなぜ阿波(徳島県)だけが長い間独占し続けられたのか、とても疑問に思いました。文献資料「兵庫北関入舩納帳」の関銭徴収台帳のなかに、阿波から最大消費地京都へ藍を輸出していた記載が残されています。多くの人は阿波一国が、藍栽培と青色染料貿易を明治時代までおよそ500年独占してきたことを知りません。

染料の化学、染織技術、交易活動、イデオロギーの表現、美学的追求など2000年以上にも渡って多くの民族が独自の文化を創り出しました。私が調べています、阿波藍のはなしに興味をもってくだされば幸いです。    

 

Blog

徳島県にある藍染工房 HANADA倶楽部から藍のはなしを綴ります。吉野川の河口に位置するこの辺りは古代では海の中で、小島であった「眉山」は聖なる山とされ、一切の民を住まわすことが禁じられていました。眉山麓から阿波藍のはなしを発信します。

 

   2017.3.25 ブログ更新