カテゴリ:藍のはなし現代



Blog-2022 · 2022/01/25
藍染の展覧会をしていると、若い女性からお子様の剣道着が色落ちが‥‥
Blog–2020 · 2020/11/21
昭 和30年頃から復元された阿波しじら織と、それに伴う藍の需要も‥‥

Blog–2020 · 2020/01/25
明治末期の阿波藍最盛期には、市中には少なくとも300軒の紺屋が‥‥
Blog–2019 · 2019/12/14
ここHANADA倶楽部の南前方には東西に細長く山裾を広げた「眉山」‥‥

Blog–2019 · 2019/08/24
桓武天皇のとき奈良の平城京から長岡京、延暦13年(794)に平安京へ‥‥
Blog–2019 · 2019/06/15
阿波藍のはなし−藍を通して見る日本史 文 : 森くみ子 写真 : 伊藤洋一郎 森くみ子

Blog–2019 · 2019/06/08
明治31年に徳島県農事試験場の技師吉川祐輝が調査した藍の品種は、‥‥
Blog–2019 · 2019/05/25
『会津農書』 貞享元年(1684)は佐瀬与次右衛門によって書かれた‥‥

Blog–2019 · 2019/05/11
徳島で栽培されている藍は、タデ科の一年草で学名はPolygonum ‥‥
Blog–2019 · 2019/03/16
奥村家が藍屋嘉蔵として藍商活動を始めたのは17世紀中期ごろですが、‥‥

さらに表示する