カテゴリ:藍のはなし近代



Blog–2021 · 2021/10/23
安藤(歌川)広重(1797-1858)の名所江戸百景『神田紺屋町』で描かれ‥‥‥
Blog–2020 · 2020/11/21
昭 和30年頃から復元された阿波しじら織と、それに伴う藍の需要も‥‥

Blog–2020 · 2020/01/25
明治末期の阿波藍最盛期には、市中には少なくとも300軒の紺屋が‥‥
Blog–2019 · 2019/10/12
商品作物が盛んになると農業技術を記録•解説した『農業全書』宮崎安貞‥‥

Blog–2019 · 2019/09/21
徳島藩の藍製造法を探るため他国からの隠密や、四国八十八箇所の‥‥
Blog–2019 · 2019/09/07
筑後平野を蛇行して流れる筑後川の流域は、古くから文化が発達し‥‥

Blog–2019 · 2019/08/24
桓武天皇のとき奈良の平城京から長岡京、延暦13年(794)に平安京へ‥‥
Blog–2019 · 2019/08/10
安芸•備後•備中•備前は瀬戸内海に面し海運の利便性と、温暖な気候と‥‥

Blog–2019 · 2019/07/27
正保2年(1645)発刊の『毛吹草』は京都の俳諧師、松江重瀬によって‥‥
Blog–2019 · 2019/07/13
延喜式(927完成)によれば武蔵国や関東の国々でも調として藍•藍布が‥‥

さらに表示する