藍でつくられた色ー⑨ 縹 -花田

は「はなだ」と読み、持統天皇4年(690)に初めて色名が確認できます。最初の服色制度として冠位十二階が施行され、これまで使われていた位色の「青の大小」から「深縹•浅縹」に表記が変わります。この時代の青の色名と色の解釈はまだ推定のままですが、後の延喜式縫殿寮には縹が深•中•次•浅の4段階に分けられ、色を得る為の材料用度からも「縹」は藍で染めた純粋な青色です。

 

今では余り馴染みのない漢字「縹」は中国の後漢時代に文字の意味を説いた『釈名』に「縹ハ漂ノ猶シ。縹ハ浅青色也」と『説文解字』にも「帛の青白色なるものなり」と書かれているように淡い青色でした。奈良時代は秦漢の影響を大いに受入れていますので、日本で「はなだ」と呼ばれていた色が、中国では「縹」と呼ばれている色名•色相と染法だった為、文字だけ用いられたと考察されています。そして日本固有の「はなだ」と呼ばれていた浅青色の染料は「鴨頭草」だと考察されています。公文書の中には「縹」の字はその後も散見しますが、平仮名が現れてからは源氏物語•蜻蛉日記の中に「あさ花だ」と書かれているように「はなだ•花だ」と同じ表音で表記されることが多くなります。室町時代になると古今連談集などには「はなだ」も見られますが、「花だ色」「花色」という表記も見られるようになります。

 

江戸時代になって藍の生産が増え、木綿の着物が市井の中に広まるとともに「花色木綿」「花色小袖」「花色羽織」「花色小紋」「花色繻子」と盛んに用いられ『好色一代男』『新色五巻書』『洒落本•辰巳之園』など多くの書物に藍で染めた色が「花色」の表記で書かれています。『書言字考節用集』六巻では「縹色ハナダイロ 花田色ハナダイロ」と同色を意味するように書かれています。江戸時代の人口80%程を占める農民の衣類には、木綿•麻藍染無地•縞、衿•袖口は花色•浅黄•萌黄の木綿無地というように厳しい制約がありました。庄屋には紬や絹を認める事もありましたが、色はほとんど似たようなもので茶の堅魚縞が認められていました。多くの人たちが着用している藍染の布帛類の色は、藍色とは呼ばれていませんでした。

 

江戸時代までは花田色や浅葱色が藍の染料だけで染めた色だと考えていたようです。現代では藍で染めた色といえば藍色を示し、書籍やメディアや人々の間で広く使われています。

 

参考:「日本の伝統色」長崎盛輝 京都書院

 

 


藍でつくられた色ー⑧ 褐色

色は「かちいろ•かちんいろ」と呼ばれ、紺よりさらに濃く黒く見えるほど暗い藍染の色です。平安時代から褐色の名称は見られ、『宇津保物語』『梁塵秘抄』の中に「かちの衣着たる」「飾磨にそむるかちの衣着む」と書かれています。古くは中将•少将も着用しましたが、野外に行幸するときに随従した者が着た衣服で、後には高官などを警護する武官や兵士が着るようになります。「青褐」の色名は正倉院文書の中にもみられ、延喜式•弾正台の中にも随従者の服の色として記されています。「褐返し」という別の色で染めた上に藍で染めた色を表す表記も平安時代の書物にあります。

 

「褐色」の色相は多くの解釈があって未だにはっきりした説にはなっていません。藍を濃く染めるために、生地を「搗(か)つ」=搗(つ)くことで染法から名付けたともいわれています。現代では褐色「かっしょく」と音読みして色相は茶色や焦茶色をさしますが、中国から伝来した初めは現代と同じく茶色を意味していたものと思われます。鎌倉時代の武士に広く用いられるようになると、褐=勝に結び付けられて藍で染めた濃い紺色が直垂や鎧•縅などに使われ、褐色•勝色と表記され資料が多く残ります。

 

江戸時代になると「かちん色」「かちん染」と呼ばれ、『貞丈雑記』(~1784執筆1843刊行)伊勢貞丈には「かちん色と云は黒き色を云。古異国より褐布と云物渡しけり。其色黒き色なりし故黒色をかち色ともかつ色とも云。……褐布は今の羅紗の類にて毛織也。……俗にかちん色と云。」『安齋随筆』伊勢貞丈(1717–84)には「西土の書にはいずれにしても黒色を兼ねたる色を何褐色と云ふ。たとへば、トビ色を素褐色、アヰミル茶を青褐色、キカラ茶を貴褐色といふ。皆黒色を兼ねたる色なり…」随筆『神代余波』(1847)斎藤彦麿の中では「かち色といふも、極上紺の濃く黒くなりたる色也。さるは近年は空色と浅黄との間にて匂ひやかならぬをいへり。さる物にあらず。紺に染て臼にてつき又そめて、𣇃(つ)きいくたびもいくたびもしかれば黒くなりて赤き光り出る物なり」と記されています。

 

明治になり軍服の用度の中に「褐布」が見られます。茶褐布はカーキ色、紺褐布は濃紺色とし、羅紗であったので次第に茶褐絨•濃紺絨の表記が多くなりました。日露戦争時には再び「勝色」「軍勝(ぐんかつ)色」などとしての呼名が流行したそうです。

 

文化12年(1815)刊行の藩撰の地誌『阿波志』は各町村の役人に命じて、郡ごとの沿革や耕地•租税•寺社•古跡•産物を編纂している史料で、その中に板野郡撫養(鳴門市)の産物として「褐布撫養出」「韈(たび)亦撫養出以褐及草綿布製之」と書かれていますが、この鳴門産•褐布はどのようなものだったのでしょうか。

 

 

参考:「日本の伝統色」長崎盛輝 京都書院

 


藍でつくられた色ー⑦ 浅葱

「浅葱色」は薄い青味がちな青緑色のことをいいますが、わかい葱の葉に因んだ色名で平安時代の文学作品『源氏物語』『枕草子』『宇津保物語』などに見られるほど古くから使われています。縹色•千草色よりは薄い色ですが、藍で染めた色名であったのかは千草色と同様にわかりません。平安中期に浅葱色の表記に浅黄の字を使ったことから、青と黄の色相が混同され「あさき黄いろなるをもって浅黄と唱ふるよし」と『延喜式』で書かれているように本来は刈安を使って染める黄色と浅葱色が間違えられることになります。すでに平安後期(1169頃)『今鏡』に「青き色か黄なるかなどおぼつかなくて」と書かれているように、この頃多く使用される「あさき色」に混乱が見られます。 嘉禎年間(1235–1238)『錺抄』土御門通方での記載でも確認できるように、黄袍であるべき無品の親王の袍に浅葱色(青)を着用することもあったようです。

 

この「浅葱」「浅黄」の誤用は後の世まで続き、多くの識者が書物で問い糺しています。『安齋随筆』伊勢貞丈(1717–84)では「アサギと云ひて浅黄を用ふるは誤りなり、浅葱の字を用ふべし」と記し、『玉勝間』(1795–1812) 本居宣長では「古き物に浅黄とあるは、黄色の浅きをいへる也。然るを後に、浅葱色とまがひて、浅葱色のことをも、浅黄と書くから、古き物に浅黄とあるをも、誤りて浅葱色と心得られたる也」と書かれています。『守貞漫稿』(1837–53) 喜多川守貞編の風俗事典でも「今俗に浅黄の字を用ふれども仮字のみ、黄色に非ず」といつまでも誤用して使われている現状に数百年もの間、色名•色相の解釈を糺そうとしている様子が伝わります。

 

浅葱色が庶民に広まったのは江戸時代で、千草色より頻度も多く書物に書かれるようになります。江戸中期以降には浅葱色が流行して、滑稽本の『古朽木』の中でも「尤も当時何もかも浅黄が流行(はや)りますゆゑ『世の中は浅黄博多に浅黄紐、あさぎの櫛に浅黄縮緬』とも詠みて、近年の利物(ききもの)なれども」と書かれています。下級武士の羽織裏に「浅葱木綿」が使われたり、新撰組の段だら模様の「羽織」歌舞伎の「浅黄幕」など伊達を好む遊人にも、無粋な武士にも、そして農民や庶民に多く用いられた色でした。

 

 

参考:「日本の伝統色」長崎盛輝 京都書院


藍でつくられた色ー⑥ 千草

草「ちぐさ」は夏になると青い花を咲かせる露草の古称「つきぐさ:鴨頭草」の名から転訛したといわれ、露草の花のように明るい青色をいいます。源順が平安時代の承平年間(931–938)に編纂した辞書『和名類聚抄』に鴨頭草は「都岐久佐」「押赤草」と記載があります。鴨頭草の名称は延喜式•内蔵寮や万葉集にも見られます。月草とも表記され万葉集には9首詠まれ、染め色は水に色が落ち褪めやすいことから、心変わりをたとえたり、この世のはかない命をあらわし詠まれています。古にはアオバナ•アイバナとも呼ばれ、花を摺り染に用いてその色を縹色と呼び、光や水での褪色が早いことから藍草が大陸から渡来すると廃れたと多くの書物に書かれています。近世にはこの水に弱い特性を活かして、友禅染や絞染の下絵描きに用いられていますが、藍草との混同や推移が平安時代にあったとは思えません。『和名類聚抄』の中の記載も藍と鴨頭草は並列しています。いつから千草が藍で染めた色を示すようになったのかは分りませんが、染め色の千草と染料の月草/露草とははたして関連があるのでしょうか。

 

『日本永代蔵』巻5 井原西鶴 貞享5年(1688)には「あさぎ(浅葱)の上をちぐさ(千草)に色あげて」と書かれていて、江戸時代になると千草色の名称は浅葱色とともに書物に多く見られます。千草色は主に商家の使用人の仕着せの色、丁稚の股引の色、庶民の日常着の色に使われていました。リユースの典型的な事例で、浅葱色に褪せたものを再び藍で染め直し千草色にした様子がわかります。物資の少ない頃は町人も農民も衣類の繕い•染直しは当然の知恵で、美しく長い使用に耐える工夫をしていました。

 

江戸時代後期に刊行された『手鑑模様節用』(1801–29)には京都と江戸に店舗を構えていた呉服商梅丸友禅が、古今の染色を色譜によって空色を解説している中で「花いろよりうすくあさぎよりこい……京師にてそらいろをちくさいろといふ」と書かれています。空色の色名も古くから使われていて源氏物語の中に見られますが、まだ染色名ではなかったようです。江戸中期ごろの『紺屋伊三郎染見本帳』に空色の色名が見られ、染法は記されていませんが藍で染めた後に蘇芳で染めたといわれています。空色は千草よりも明るい青色だったかも知れませんが、同じくらいの色相だったと思います。

 

 

参考:「日本の伝統色」長崎盛輝 京都書院


藍でつくられた色ー⑤ 瓶覗き

の単一染で一番薄い色を「瓶覗」(かめのぞき)と呼びます。「覗色」とも呼ばれ染法から由来しているともいわれます。藍瓶の染液が使用され続け、最後は微かな色しか染まらなくなった液に一寸浸す意味です。もう一つの解釈として、水の張られた瓶に映った空の色を覗き見た色のようだという説もあります。近年は名称の響きや希少な出来事ように語られた藍の染め方に、モノ(藍)を大切にする愛おしさも相俟って知名度もあります。江戸後期には名称が見られますので、極薄い藍の色が生活の中で判断•記憶され、表現豊かな名称が付けられていることに藍の文化を感じます。江戸町民が水色や浅葱色との僅かな色の差異を名付けて共有し、楽しんでいた心意気がうれしいです。

 

一番薄い色が染め初めの色でなく、最後の色なのも心ひかれることなのかも知れません。藍を管理していて醗酵の具合や、染め続けたことによって疲れた藍還元菌を回復するために灰汁や石灰と麸を入れます。藍瓶の中に入っている堅木から取った灰汁は、藍の醗酵に欠かせないミネラル成分が入っています。その灰汁の成分には色を抜く性質も内在しています。化学建てに使われる苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)もハイドロサルファイト(亜ジチオン酸ナトリウム)も還元剤と漂白剤の性質を持っています。藍菌の壮年期は絶妙ななバランスで増殖する環境が整えば、毎日染めていても菌の活動で直ぐ染まる状態になりますが、少しづつ回復することが鈍くなります。染まった布、糸から灰汁(木•藍の両方)の抜けも悪くなり、一層染上がりに注意が必要になります。

 

数ヶ月以上使い続け、液の中に藍分が無くなる時が近づくと雑菌も多くなります。様々な過程を経た時期に染めるわけですから、やはり染めていて力尽きる前の藍菌が、最後まで色を出してくれている様子を毎回愛おしく思うのです。

 

 

参考:「日本の伝統色」長崎盛輝 京都書院


藍でつくられた色ー④ 瑠璃紺

璃色の名称は平安時代後期には見られ、藍の単一染めの名称としては早くから使われていました。玉石の瑠璃(ラピスラズリ)の色のような紫味の冴えた青色をいいます。『装束抄』に「濃花田色也。今濃浅黄と云」『山槐記』には「浅黄号瑠璃色」と記されていることから花田系統の色とされています。

 

瑠璃紺の名称は500年後の江戸前期1680年頃に愛用されていたことが、当時の風俗を写す雑誌『紫の一本』でわかります。瑠璃色がかった紺との意味で、深い紫味の青色をいいます。『守貞漫稿』喜田川守貞編(天保8年-嘉永6年•1837–53)の風俗事典にも「紺」の条に「藍染の極濃を云、特に瑠璃の如きをルリコンと云」と記されています。

 

紺の名称が現れるのは古く、大化3年(647)孝徳天皇の七色十三階の冠位の制からで「ふかきはなだ」と呼ばれていました。名称、色調は律令制とともに中国の随•唐から伝わりましたが、中国古代の染色で「紺」は三度赤い染汁に浸けた「纁」(くん)と呼ばれる真赤に染めたものを黒い染汁に一度浸けたものを(かん)と言い「えびちゃ」色でした。日本の「紺」はその色相も中国古代の常識とは無関係に使用されていて、文字だけを中国古代名を使い和名に読み変え、色相も始めから藍の単一染めでした。

 

中国古代の「青」の示す色相は緑味の多い青色で、随•唐時代の「青」はやや赤味がかった青色で青が縹と同意語で用いられていたといわれます。日本でも古い時代の「青」は緑色•青緑•青色•青紫•紫および、中間色も含んでいたといわれています。古代の色彩名は実に複雑な色相を持っていて、ほぼ想像の域で判断して納得するしか無いわけですが、日本の場合は中国の影響も時代毎に随所みられるのでより複雑です。染色されたもので考古学的資料が残されることは絶望的なので、古くから続く時代の観念がその後も並列して続き、色相と色名は結論がでないまま語られ続けています。

 

 

参考:「日本の伝統色」長崎盛輝 京都書院

 


藍でつくられた色ー③ 二藍

安時代から文学作品などで「二藍」の名称が見られます。藍と紅花の交染によるにぶい青味の紫、深•浅の二段階に分けられ染色しました。というのが基本で藍と紅花の割合は若年ほど藍は淡く、二藍の色は使用者の年齢によって各種あります。青藍と紅藍の二種の染料で染める技法から「二藍」と呼ばれたといわれ、色調から夏の直衣(貴族の平常の服)や袿、汗衫に使用することが多かったようです。

 

二藍の色には染め色と、経が紅、緯を藍で織り出した織り色、表二藍•裏白,表裏共に二藍などの重ね色があり各種の装束抄にきまりが記されています。唐から影響された奈良時代の装束から、風土にあった装いに変わってきたことで、この時代から二種の染料の交染による中間色相が好まれました。同じように染めた紫苑色、桔梗色もこの時代の貴族に好まれた色です。藤色は江戸時代になっての使用のようですが、平安時代の重ね色には見られます。表淡紫•裏青など数説ありますがこの時は紫根で染めたようです。

時代が経って江戸時代でも依然紫は禁色でしたので、江戸の藤色は「あゐふぢ、紅ぶじの二種あり、古名うすいろといふ」とあり、藍と紅花を用いて染めたと書かれています。一方一般には蘇芳を用いるとも書かれていて、庶民の多くは高級な染料でなく蘇芳や茜で媒染剤の酢や明礬、たばこなどを用い創案して洒落心を満たしていたようです。

京紫と江戸紫は高嶺の花で、相変わらず富と高位の象徴でした。禁止令を撥ねつけるような富裕層が現れても、庶民の多くは高級な染色に手が出ない時代です。

 

 

二藍や藤色と同じ染め方で、江戸中•後期になると「紅掛花色」「紅掛空色」「紅掛納戸」などの色名も見られます。『手鑑模様節用』の色譜に「紅かけ花いろ。古、薄ふたあい」と記されているように、平安時代の貴族に愛用された染め色が再び江戸町人のあいだで受け継ぎ、藤色流行が時代の雰囲気と気分で下染めの花色•空色に濃淡の紅を掛け、青紫系統の流行色をつくり出していた心意気は頼もしく思います。

 

参考:「日本の伝統色」長崎盛輝 京都書院

 

 


藍でつくられる色 - ② 御納戸色

2 015年の展覧会で「藍によって作られる色」を主題に作品の展示を行いました。藍以外の染料のことは専門ではありませんし、それほど経験を積んだ訳でもありませんが、江戸時代の文献をみていて試してみたくなったのです。紺屋の仕事の形態で、糸染め(先染め)専門と後染め専門の呼名が各地に残りますが、藍以外の染めも併用していたのは主に後染め紺屋でした。

 

江戸全期を通して茶系統の色が最も多く流行色になりましたが、中期以降藍系統も江戸前のクールな色として愛用されるようになりました。阿波藍の生産もこの頃から飛躍的に多くなります。

 

「御納戸色」は灰味の暗い青色で、藍玉の単一染と書かれています。納戸系統の染色は茶、鼠系統と共に好まれ江戸中期ごろの代表的染色になります。江戸後期になると微妙に違う色の染め分けも流行色となり、下染めの藍の濃度、併用して染める矢車、茅、刈安などと媒染剤の鉄、酸で調整し染色していました。下染めの藍が濃花色で「錆鉄御納戸」空色で「鉄御納戸」濃浅葱で「御召御納戸」を染め分け、「錆御納戸」「御納戸茶」「高麗納戸」など同じようで少しずつ違う色も名付けされています。染め布の素材の違いによっても色の雰囲気は変わりますので、呉服屋と紺屋との心をくだく連携も想像できます。

 

納戸色•御納戸色の呼称の由来ははっきりしませんが、納戸(屋内の物置部屋)の垂れ幕に用いられた布の色からとか、藍海松茶の絹を納戸へおさめ、年が経って見ると色が損じて面白き色だといって名付けたともいわれています。

 

「粋」という好みを希求した江戸人の要望に、紺屋の技量が応えて優れた染色文化を作り出しました。この時代の町人の着物は殆ど残っていなくて残念です。


藍でつくられる色 - ① 藍色

色を説明すると「藍で染めた青色の一種。青より濃く、紺より淡い色。」染色辞典 中江克己編 というのが一般的でしょうか。産業革命後の合成染料の発明で藍色の意味が変化しました。かつての藍色は「藍の単一染の色ではなく、藍染の青に黄を加えた緑味の青色のことである。縹(はなだ)のような純正の青色ではない。」日本の伝統色 長崎盛輝 

 

合成藍の普及が始まったころは、古の「藍」で染めた色に似ているということから「藍色」と呼ばれていたものが、その後広く使われるようになります。そして今度は天然藍で染めた色を指すように「藍色」が使われだしました。実際の染料はほとんどが合成藍や化学合成染料だと思いますが、それとともに「藍色」の着物や帯が一緒に身に着けている白、薄い色のものを藍で染めてしまうことも常識になってしまいました。

 

 

言葉の持つ意味が時代とともに変化するのは妨げられませんし、受入れないといけない事かも知れません。しかしそれとは別に技術や材料の持つ意味は、正確に説明し続けないと本来の技術は消滅すると思います。時代が大きく変わっている現在、世界には多くの種類の藍があり若者の間でも天然藍は興味をもたれていると思います。多くの青色染料が出現してから一度も藍の定義がなされていませんが、今後を担う方達に藍の定義をつくっていただきたいと願っています。


          カテゴリ

      藍のはなし(古代~中世) 

      藍のはなし(近世)

      藍のはなし(近代)

      藍のはなし(現代) 

      阿波藍商  

 

藍染のこと

藍でつくられた色

藍−公的機関での状況 

藍と阿波