Blog–2017.1.14〜

Blog–2017.1.14〜 · 2017/12/30
藍商人の中には全国の売場へ出かけることも多いことから、遊里での‥‥‥
Blog–2017.1.14〜 · 2017/12/16
三木家の祖は播州三木城の別所長治の叔父の子別所規治で、秀吉軍によって‥‥‥

Blog–2017.1.14〜 · 2017/12/09
千草「ちぐさ」は夏になると青い花を咲かせる露草の古称「つきぐさ‥‥‥
Blog–2017.1.14〜 · 2017/11/25
志摩家の祖は河野氏の一族、越智氏といわれ藩政初期のころ東覚円村(‥‥‥

Blog–2017.1.14〜 · 2017/11/11
島屋六兵衛の祖は慶長年間(1596–1614)に土佐から小松島に移住した‥‥‥
Blog–2017.1.14〜 · 2017/10/28
阿波藍商の栄枯盛衰を象徴する存在として語られることの多い‥‥‥

Blog–2017.1.14〜 · 2017/10/14
江戸時代になると実生活に有用な草や木が広く栽培されるようになり、‥‥‥
Blog–2017.1.14〜 · 2017/09/30
襤褸藍-ぼろあい-と聴くと近年は、破れたら当て布をしてまた使い、‥‥‥

Blog–2017.1.14〜 · 2017/09/16
藍の単一染で一番薄い色を「瓶覗」(かめのぞき)と呼びます。「覗色」とも‥‥‥
Blog–2017.1.14〜 · 2017/09/02
瑠璃色の名称は平安時代後期には見られ、藍の単一染めの名称として‥‥‥

さらに表示する