中村喜一郎『堅牢染色法』明治22年

治になって化学染料の使用が広まると、化学染料の使用方法が書籍によっても紹介されます。『西洋染色法』明治11年 東京府勧業課『初学染色法』明治20年 山岡次郎『堅牢染色法』明治22年 中村喜一郎など新しい技術の習得に熱心な様子が窺える内容になっています。化学染料と化学薬品は驚くほど早く多くの工場で使用が始まりますが、色の定着や生地の扱いなど従来使っていた天然物との変換には多くの困難がありました。これらの書籍の中には化学染料と並び、化学薬品を使い従来の藍(蒅)の新しい建て方も紹介されています。蒅(すくも)に慣れ親しんでいた職人たちもインド藍や琉球藍、台湾藍(藍靛)の出現で、灰汁に変わるポットアス(炭酸カリ)や曹達、苛性曹達の使用方法もいち早く覚えたようです。

 

『西洋染色法』は西洋の染色技法を齊藤實堯が翻訳した書籍です。藍の使用方法も掲載されていて「菘藍(ウォード)をもって藍玉を製する法」などの項目や、藍靛の染色法についての説明など、長い間口伝で伝えてきた藍の伝授の手続きに困惑も生まれたのではないでしょうか。『初学染色法』には藍建てに薬品を使った還元方法「硫酸鉄建」「亜鉛末建」「亜硫酸建」が説明されています。『堅牢染色法』はドイツの染料会社やヨーロッパ各国の工場を巡り染色技術を習得した中村喜一郎が、技術の向上を図るために実地で染色を行いながら研修した染色指導書なので、いま読んでも明治の染色業の発展に重要な仕事だったことがわかります。

 

藍及び藍染についても多くの解説をしていて、藍玉と藍靛の応用や特徴、染色方法の短所長所も論じています。中村氏は天然染料に対する知識が乏しかったので指導を請い研究したといわれますが、この時の解説から殆ど前進をみなかった戦後の藍の説明に驚愕します。「藍靛硫酸鉄建」「藍靛石灰建」「藍靛アンモニア建」「藍靛苛性曹達建」「藍玉濁建」「藍玉澄建」「藍玉亜鉛末建」の説明にはじまり藍色の染め方、青色を得るシステムは「醗酵作用によりて之を還元せしむか、もしくは親和作用によりて還元せしむかの二種の仕方に基づく」と書かれています。

 

明治以降繊維素材と化学染料は江戸時代まで続いた技術からの転換を成し遂げて、堅牢であり鮮やかな美しさを多くの人たちに与えてくれました。欲をいえば欧米文明を吸収した後もう少し時間があったなら、日本独自の藍の醗酵技術の解明もこの時代の人々ならできたかも知れないと、残念に思うのです。