眉山麓から藍のはなし

           カテゴリ

      藍のはなし(古代~中世) 

      藍のはなし(近世)

      藍のはなし(近代)

      藍のはなし(現代) 

      阿波藍商  

 

藍染のこと

藍でつくられた色

藍−公的機関での状況 

藍と阿波


徳島県の紺屋 -明治 -大正 -昭和

治末期の阿波藍最盛期には、市中には少なくとも300軒の紺屋があったといわれています。しかし全国各地でインド藍、合成藍、化学染料が導入される大正10年には、紺屋の数は57軒になったと伝えられます。大正4年の徳島県の藍作面積は3,884町歩(ha)で藍作農家は836軒(大正6年)です。埼玉県での最盛期の栽培面積は維持していますが、市中の紺屋には化学染料が混在され、織業者300軒余りがしじら織と共に、阿波紺絣やその他の織物•服地などを相当量生産していました。化学染料の導入で刺激された染織業界は、近代産業へと脱皮を目指し藍製造業者を顧みなかったのは、すべての産業と名付けられるものに負わされた選択であったと思います。全国に販路を持つ藍製造業者と違って、徳島の織業者と紺屋は織物生産を産地として展開する機会をつくれず、昭和に入って紺屋は次第に市中から姿を消しました。

 

紺屋は戦中•戦後にわたる綿糸の不足や経済統制によってさらに転•廃業をよぎなくされ、終戦後の一時期には唯一軒を残すのみとなりました。そしてそれも天然染料の藍染ではなく、すべて化学染料によるもので市中の紺屋からは本来の藍染は全く姿を消してしまいました。全国藍作面積は昭和5年は523町歩、昭和16年は62町歩で、その内訳徳島県は255町歩、40町歩です。徳島で作られた藍は県外へ搬出されていました。

 

藍染の復活は、26年から30年にかけての阿波しじら織の復元を契機として、しじら織の復元に欠かせない藍染も共に復活しました。当時民芸運動の中心的存在であった柳宗悦をはじめ、芹沢銈介、バーナード•リーチ、外村吉之介といった人達を徳島に招聘し、しじら織の復元について意見を仰いだと伝えられています。しかしその試みも、徳島における藍染の復活に活力を与えるほどの進展をみせることはありませんでした。

 

 

染織技術も無形文化財の工芸技術の一分野として、昭和25年に文化財保護法によって制定され保護されることになりました。徳島県でのしじら織の復元や藍染の復活の試みも、国の政策に動向したものだったのでしょうか、創造性のある活動や現実を打破する提案は残されていません。藍の栽培面積は30年の37町歩(ha)から、40年には最盛期以後史上最低の4町歩となります。徳島県だけの問題ではなく、藍を使用していた全国の織業者•藍染業者の殆どがその現状を語ることはありませんでした。

 


藍でつくられた色ー⑬ 藍海松茶

海松茶の染色方法の記載が『女重寶記』元禄5年(1692)にあることから、この頃には染色が行われていました。藍海松茶は青味を帯びた海松茶ということで、暗い茶味の緑色です。海松茶の染色方法も『紺屋茶染口伝書』寛文6年(1666)に見られ、寛文小袖の地色にも広く愛用された色です。藍海松茶が江戸中期になり小袖や麻裃にも流行して、『愚雜俎』文政8年(1825)に「今あいみる茶といふものは、素みる茶に藍をかけし色なればなり‥‥」と記されているように、混乱を避けるためなのか海松茶の色名を「素海松茶」と言替えたものが見られるようになりました。

 

「海松」とは平安時代から食用にも観賞用にも利用された海藻で、浅海の岩の上に生え『万葉集』に詠まれています。平安貴族たちは「見る目」との連想から歌に詠まれ、重ねの色目には表が萌黄、裏は青の「海松色」があり、海松の文様もみられます。平安時代に生まれた暗い黄緑色の海松色は、室町時代の軍記物語『太平記』に「海松色の水干著(き)タル‥」と見られ色名は貴族から武家へ愛用され続けます。

 

藍海松茶の染色法は濃い浅葱の下染に楊梅で染め、媒染には明礬、鉄を使っていたようです。江戸中期以降はこのような染め色が多くなり、染見本帳や雛形本などの小袖地色に藍を用いた暗い緑褐色の色名が見られます。藍媚茶•藍鉄色•藍錆色•藍ねず•藍墨茶などです。類似した暗い緑褐色の藍媚茶は浅葱に下染し、渋木を染めてから鉄媒染です。染色法は一つの方法ではなく、藍を使わない染めもありましたが、下地を浅葱で染めれば生地が強くなり色もよいと書かれています。藍ねずの色調は平安時代に「青鈍」と云われていた色に類似していて、鈍色に藍を淡く重ねたものをいいます。鈍色の染色は奈良時代から行われた「橡(つるばみ)」に類似していて、平安時代になっても青鈍や鈍色は凶事の服色とされていました。江戸時代になると鈍色系統の色が何々鼠と呼ばれ、凶色としての観念は無くなり流行色になりました。藍味を含んだ墨色の藍墨茶も享保の頃に流行し、質実剛健を尊んだ時代の風潮にも合致して広く親しまれます。

 

 

参考:「日本の伝統色」長崎盛輝 京都書院